子どもにイライラする時の対処法は?

子供

子どもにイライラする時どうしていますか?

子どもにイライラするのは悪い事ではありません。イライラしない人なんていないんです。

だから安心してくださいね。ただ、その時どうするかによって、子どもに与える影響も変わってきますよ!

子供

子どもにイライラしたことはありますか?

私の周りの子どもを持つお母さんたちに、子どもに対してイライラしたことはありますか?と聞くと、ほぼ100%「はい」という答えが返ってきます。

そう、それは自然なことで誰しもが持っている感情なので、何もおかしいことはありません。

私は、元々保育士をしていましたが、この質問に「いいえ」と答えるお母さんを見た時の方が不安になってしまいます。

「いいえ」と答えるお母さんの中には、子育てに不足があると思われたくない、愛情いっぱいに育てていると認められたい、自分は完璧に子育てをこなしている、そんな気持ちを持つ方が多いからです。

そんなお母さんたちは、子育ての相談出来る相手がいない、信頼を置ける人が周りにいないということが多く、弱みを見せないように「いいえ」と答える傾向にあるのかもしれません。

もちろん、心から「イライラしたことなんてない!」と言えたらどんなに素敵か、と思いますが、お母さんだって母である前に1人の人間なのです。

だから、喜怒哀楽があって当たり前。むしろ、子どもはその大人の喜怒哀楽を見て、感情が育っていくといっても過言ではありません。

だから、安心してください。みんな一緒ですよ。

子供

子どもにイライラした時の対処法

いつまでも泣き止んでくれない、物を投げる、その場から動こうとしない、わがままを押し通す…。

子育ての中で子どもにイライラする場面は、たくさんあると思います。

大切なのはその時の対処方法です。

まずは自分に対しての対処方法として、気持ちに余裕がない時にイライラしやすくなるため、1度深呼吸をして落ち着いてみましょう。

予定の1つや2つ、遅れてしまってもいいじゃない。

それくらいの気持ちになってしまえば、意外とスーッと気持ちが落ち着きます。

大人も子どもも、自分の思い通りに事が進まないとイライラします。

なので、そのことも逆算して時間に余裕を持った計画・行動を心掛けるようにしておけば、なお万全と言えるかもしれません。

そして、自分が悩んでいることや愚痴を言える人を周りに作りましょう。

それは、旦那様でも友達でも、保育士でもいいです。聞いてもらう事は、不安を取り除きストレスを解消することに繋がるのです。

ただし、子どもの前で話すのはおススメしません。預けられる環境があるのならば、子どもを預けてから、思い切り話してスッキリしてください。

子どもへの対応としては、今後お友達や周りにして欲しくないことに対しては、しっかりと言い聞かせることが大切です。

感情をぶつけるのは「怒る」、気持ちや思いを言葉にして教えようとするのは「叱る」。

子どもにして欲しいのは「叱る」という行為です。

また、子どもがどうしてイライラさせるような事をしているのか考えることも大切です。

何か思い通りになっていないことがあるのでしょう。

それは自分の欲求が満たされていないのか、それともお母さんに振り向いて欲しいのか…。

さて、今この子は何で泣いている?とクイズ形式で考えてみたりなんかすれば、ちょっと楽しくなるかもしれません。

そこでお母さんの考えが大正解!であれば、ケーキなんて買って自分にご褒美をあげちゃいましょう!

そんなちょっとの考え方で、自分も子どもも楽しく過ごせるのです。

イライラした時には一呼吸、そして面白い発想でうまーく切り替えしていけば、きっと子育てももっと楽しくハッピーなものとなるでしょう!

子供