子どもの心を絵本で育てる

子供

子どもに絵本を読み聞かせるのはなぜだと思いますか?

絵本が子どもに与える影響は、実はとっても大きいのです。

この記事を読んだ方は、きっと子どもに絵本を見せてあげたくなるでしょう。

そして、自分も絵本の魅力にハマってしまうかもしれません…。

子供

子どもが絵本と出会うのはいつ?

子どもに絵本を与えるのはいつの時期からでしょうか。

「言葉が出るようになってから」「文字が読めるようになってから」という声が聞こえて来そうですが、そうではありません。

絵本は読むことだけに意味があるわけではないのです。

紙の感触や捲る動作を楽しむ、絵の色彩を楽しむ、読み聞かせをしてもらって楽しむ、自分で言葉を読んで楽しむ、絵本のストーリーを楽しむ…。

このように、子どもの成長に合わせて絵本はいつも違った楽しさを与えてくれています。

子供

絵本が子どもに与える影響

子どもたちが絵本から受ける影響は、どんなことがあると思いますか?

それは、ページをめくる手先の器用さを発達させたり、絵本の主人公の気持ちになって情緒が育まれたりと、様々な良い影響を与えてくれるでしょう。

それだけではなく、親子で絵本を読むとコミュニケーションやスキンシップを図ることができ、子どもにとっても一人で読む絵本よりも、何倍も楽しく豊かな気持ちを感じる事が出来ます。

近年では動画配信が流行し、YouTubeなどで絵本の読み聞かせを動画として配信している方もいらっしゃいます。

確かに読み方も上手で、自分は何もしなくても良いので楽かもしれません。

でも私は、絵本はコミュニケーションの1つで心を育てるものだと思っています。

それが、動画のように一方通行では寂しいですよね。

絵本を読んでいる時の、「これはなぁに?」「泣いてるね」といった、子どもたちの探求心や新しい発見を共に喜び、大切にしてあげたいですね。

そんなやり取りが、より子どもたちの心を豊かにしてくれると思います。絵本はそんなやり取りの架け橋となってくれているのです。

子供

おすすめの絵本

まだ小さな子どもたちへおススメなのが【だるまさんが】という絵本。

何度も同じ言葉が繰り返されたり、真似しやすいポーズをたくさん取り入れた絵本で、読むだけではなく、一緒に体を動かしながら楽しめる絵本になっています。

そして、少しやんちゃになってきた子どもたちには【ねないこだれだ】。

これは夜遅くまで遊んでいる子どもの所にオバケが来るというお話。

絵もちぎり絵でちょっとインパクトのあるイラストとストーリーですが、子どもたちには「怖いけど好き!」と人気があります。

そして、友達との関係性や相手の気持ちに気付き始めた頃には【ないたあかおに】という絵本はいかがでしょうか。

これは、仲良くなった友達のために、自分が悪役を買って出るという心優しい鬼の話。

この絵本は、きっとお友達の大切さや相手の気持ちを考えるという力を培ってくれるでしょう。

大人も思わず感動してします作品です。

子供

絵本を好きになる

絵本なんて子どもが読むもの、と思っていませんか?

でも実は、毎日忙しくいろんなことに追われて気持ちがなおざりになっている大人の方が、ぐっと来てしまうのが絵本なんです。

子どもの心を育て、大人の心を癒す絵本の世界。

ぜひ、そんなすてきな世界に子どもと一緒に飛び込んでみては?(^^)

子供