子どもの朝ご飯について

子供

子どもは朝ご飯で1日の調子が決まるといっても過言ではありません。

子どもにとって朝ご飯はそんなに重要?と思っている方へ伝えたいことをまとめました。

子どもにとっての朝ご飯の重要性について、お話ししたいと思います(^^)

あなたは朝ご飯を食べますか?

まず、あなたは朝ご飯をきちんと食べていますか?

農林水産省の調べによると、年々朝ご飯を食べない人の割合は増えており、20~30代の男性では約30%の人が朝ご飯を食べていないという調査が出ています。

これは、女性の社会進出・共働き家庭の増加・過重労働などが増え、生活に時間のゆとりがない成人が増えてきていることも関係しています。

子どもの場合は、食事を与えてくれる大人がいるため、朝ご飯を食べないという割合は、成人に比べれば極めて低いですが、それでも0%とは言えません。

また、朝ご飯を食べているが菓子パン・おにぎりのみなど、簡単な食事で済ましている子どもが多いのも事実です。

大人たちが時間にゆとりのない生活をしている現状、このように子どもの朝ご飯にも、少なからず影響が出ていると言えるでしょう。

子供

子どもにとっての朝ご飯とは

子どもは1回の食事量が少ないですが、運動量エネルギーの消費量はとても多いです。

そのため、朝ご飯を食べないとどうなるのか…簡単に想像がつきますね。

朝ご飯を食べなければ、日中エネルギー不足になり、部屋でゴロゴロしている、ぼーっとしている、集中力がない、イライラしている、情緒不安定であるなどという行動が増える傾向にあります。

朝ご飯をしっかりと食べることで、エネルギーをチャージして、1日の始まりを体が認識し、日中十分なエネルギーを使いながら、活発に活動する事が出来るのです。

これだけでも、子どもにとって朝ご飯がどれだけ重要かが分かりますね。

子供

朝ご飯は子どもの心も育てる

食事をしない=体に悪い」という事はもちろんですが、食事は体だけではなく心の発育にも大きく影響をもたらします。

家族そろって食卓を囲む嬉しさ、苦手なものが食べられるようになった達成感、お腹が満たされているという喜び。

子どもは食事からこのようなことを経験し、心を豊かにしていくのです。

朝ご飯は、1日の始まりにこのようなことを経験する機会です。

そうすると、体と心が「満たされている」状態で1日が始まり、子どもたちはのびのびと過ごすことが出来るのです。

私が保育士だった頃、忙しいお母さんの中にはコンビニで買った菓子パンや、朝握ったおにぎりを車で食べさせている方もいらっしゃいました。

1日で1番バタバタする朝の時間。ゆっくりと食卓を囲むことは難しいのかもしれません。

ただ、車の中で朝ご飯を食べている子どもは、どこを見て食事をしているのでしょう。

運転しているお母さんの後頭部?それとも流れゆく外の景色?

きっと子どもは大好きなお母さんの顔を見ながら、朝ご飯が食べたいはずです。

簡単な食事でも良いので、朝ご飯の時間がそんな親子のコミュニケーションの時間になることを、私は心から望んでいます。

プレミアムウォーターは親子の時間を有意義にしてくれるかもしれません。

プレミアムウォーターの口コミや評判はこちら!

子供