子どもへのスマホの影響とは 

 子供

近年子どもでもスマホを操作出来る子が増えていますね。

 

子どもにスマホは悪影響だと思っている方も、子どもに触らせないというはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

なので、今回は上手なスマホとの付き合い方を考えてみましょう! 

 子供

子どもがスマホを触りたがる理由 

 

幼稚園や小学校などに通っている子どもは、周りでスマホのゲームや動画の話を耳にすることが多くなります。 

 

すると、「○○くんも見てるから!」など、他の子と同じ事がしたいという気持ちから、興味や関心が生まれます。 

 

そして実際スマホを触らせてもらったら、そのハイテクな機能の魅力に憑りつかれてしまうでしょう。 

 

私たち大人が思っているより何倍も、子どもは学習能力が高く、柔軟性もあるため、スマホの操作などあっという間に覚えて使いこなしてしまいます。 

 

また、1歳~2歳頃の子どもでもスマホに関心を示す子が増えています。 

 

しかし、これは先ほど話した幼稚園児や小学生などとは、関心を示す理由が違います。 

 

それは、親がスマホを触っている姿を見ているからです。 

 

そうすると小さな子どもは、自分の大好きな母親がこっちを見てくれない→その夢中になって触っているものはなぁに?といったように、スマホに関心を持つわけです。 

 

まだ周りとの関係を多く持たない1歳頃の子どもは、親の行動によって興味・関心の方向が決まってくるのです。 

 子供

小さな子どもにスマホを触らせるのは悪影響? 

 

まだ自分の欲求のまま動いてしまう1歳頃は、親も色々と手を焼くことが多いでしょう。 

 

その際に、最近はYouTubeでアニメを見せておくという方が多いようです。 

 

昔から、ビデオでアニメや子ども番組を流すという方もいらっしゃるので、その行為自体が悪いとは思いません。 

 

ただ、スマホは子どもにでも簡単に操作ができ(画面を触ればアクションが起きる)、とても画面と近い場所で見ていることが多いと思います。 

 

そのことが、子どもにとっては悪影響なのではないでしょうか。 

 

小さな子どもでも、自分の好きなものが見られるスマホは魅力的なはずです。 

 

すると、他の事にあまり興味が無くなってしまったり、スマホばかり触りたがるという傾向が見られるようになってしまいます。 

 子供

子どもとスマホの上手な付き合い方 

 

かといって、大変便利なスマホをずーっと隠しておくことは難しいですし、取り上げるというのも興味を奪うようで可哀そうですよね。 

 

上手なスマホとの付き合い方は、子どもがスマホに関わる時は、必ず大人が一緒にいるということが大切だと思います。 

 

そして、必ず10分など決められた時間で終わりにすること。 

 

上手な使い方としては、手遊びやふれあい遊びなどの動画を一緒に見ながら、親子でコミュニケーションを取ったり、体操の音楽に合わせて一緒に体を動かしたりというのも良いと思います。 

 

スマホを使う環境や時間をきちんと決めて、見せる・遊ばせる内容を大人が選定するということが、子どもとスマホの上手な付き合い方ではないでしょうか。

 

子供